【あつまれどうぶつの森】金のなる木でお金稼ぎ!かんたん解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は金のなる木でお金を稼ぐ方法を解説します。

金のなる木を植えるとベルの袋が1本の木に3つなるので、大きく稼ごうと思わなければお金を増やす事が可能です。

島を開発するのにお金がかかってお困りの方は、今回ご紹介する方法を金策の補助として是非やってみてください。

スポンサーリンク

金のなる木の育て方

それでは早速やっていきます。

1.光る地面を探す

まずは島を探索して、光っている地面を探しましょう。この光る地面は、私の経験上1日に最低1か所は出現しています。

2.掘る

発見した光る地面をスコップで掘ります。

3.1000ベル入手

地面を掘ると1000ベル獲得します。この1000ベルはそのままおさいふには入らず、ポケットの中にアイテムとして獲得します。

4.ベルを埋める

ベルを掘り起こした穴が光っているので、そのままアイテムの状態のベルを埋めます。この時、アイテムとして埋めることのできるベルは99000ベルまで埋めることが可能です。

掘り起こした1000ベル以上を埋めたい方は、以下の記事を参考にお金をアイテム化してみてください。

お金の分け方を解説!お財布からアイテムにする方法

多額のベルを埋める際、埋める額が10000ベルを超えると獲得できる金額が変動する場合があり、30000ベル以上を埋めると損をする時があるので注意が必要です。

5.金のなる木の芽が出る!

光った穴にベルを埋めると、金のなる木の芽が出ます。この状態で毎日少しずつ成長し、4日目で木にお金がなります。

金のなる木は掘り起こして別の場所に植える事も可能です。

6.4日目に収穫!

金のなる木は芽の状態から4日目でお金を収穫できます。お金は1度収穫するともうならないので、収穫後は木をそのままにしておく必要はありません。

 

 

今回の解説は以上になります。この記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。ではまた!

©2020 Nintendo

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© みんな一緒に前進ブログ , 2020 All Rights Reserved.