【マリオカート8デラックス】セーブ方法とセーブデータ数を解説!

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回はセーブデータの保存について書いていきます。

 

結論から先に言うと、マリオカート8デラックスのセーブ方法はオートセーブとなっており、手動でする必要はありません。また、セーブデータ数も1ユーザーにつき1つのみ保存される仕様になっています。

 

ここで気になった点が1つ。

『遊んだ内容がオートセーブされるタイミングはいつ?』

 

以下では、この疑問について検証した結果を解説していますので、マリオカート8デラックスでのオートセーブを理解して、安心してプレイに集中できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

もくじ

 

いつオートセーブされるの?

オートセーブ機能はセーブ忘れを防ぐことができる、非常に便利な機能になります。重要なのはオートセーブされるタイミングで、プレイするゲームによって異なるため、それぞれのゲームで確認しておく必要があります。

以下では、マリオカート8デラックスでオートセーブされるタイミングについて検証しました。是非プレイにお役立てください。

オートセーブのタイミングを検証!

では早速やっていきます。

以下の画像は筆者が前回遊んだ時に保存されたプレイレコードです。

今回の検証では【走行距離17㎞】と【コイン枚数42枚】に着目してオートセーブされるタイミングを検証していきます。

ゲーム中にいきなりホームボタンを押してソフトを終了させ、次にゲームを立ち上げた時にこれらの数字が増えていた場合、その時点でオートセーブが完了していたと言う事がわかります。

検証は【グランプリ】のキノコカップで行っていきます。

検証1)コイン1枚取ってソフトを終了する

まずはアイテムをゲットするたびにオートセーブされるかも知れないという淡い期待から、コインを1枚拾った段階でいきなりソフトを終了してみました。

 

ゲームを立ち上げた結果、プレイレコードの数字は変わらず・・・さすがにこの時点ではオートセーブされませんでした。

検証2)1周目でソフトを終了する

次に、コース1周目を走った段階でソフトを終了させてみます。結果は数字に変化無し。

ちなみに2周目でも同じく変化は無く、これらの段階ではオートーセーブされない事が分かりました。

検証3)ゴール後にソフトを終了する

次にゴール後に順位が表示された時にソフトを終了してみます。

結果は・・・

数字に変化あり!!ついにオートセーブされました。

マリオカート8デラックスでのオートセーブは『各レース毎の順位結果が出た時点』で行われるのですね。これで安心してプレイに集中することができそうです。

※補足として、ゴール直後に『FINISH!』と表示された瞬間にもソフトを終了させてみましたが、この段階ではまだオートセーブされていませんでした。

セーブデータお預かりについて

マリオカート8デラックスはセーブデータお預かりに対応しています。

Nintendo Switch Onlineに加入していると、万一本体が壊れたり紛失した場合でもアカウントとパスワードがあれば新しい本体にセーブデータをダウンロードし、続きからプレイすることができます。

バックアップ状況の確認方法

1.まずホーム画面を開いた状態でカーソルをマリオカート8デラックスのアイコンに合わせます。

2.次にコントローラーの(+)か(-)ボタンを押してオプション画面を開きます。

3.開いたオプション画面で【セーブデータお預かり】にカーソルを合わせると、画面右側にバックアップ状況が表示されます。

Nintendo Switch Onlineに加入後、ニンテンドースイッチ本体の設定で【セーブデータの自動バックアップ】をOFFにしていない限り、ソフトを終了したり電源を切るタイミングで自動的にサーバーにバックアップされる仕組みになっています。

自動バックアップ設定の確認方法については別記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

【ニンテンドースイッチオンライン】自動バックアップ設定の確認方法

まとめ

今回はマリオカート8デラックスでのセーブデータについて解説してきました。

 

ポイントを抜粋すると

  • 保存できるセーブデータ数は1ユーザーにつき1つ
  • データの記録方法はオートセーブ
  • オートセーブのタイミングは各レース毎の順位結果画面(グランプリを終了した時点でなくてもセーブされる)
  • セーブデータお預かりに対応

 

というようになります。

ここまで読み進めて頂ければ、後は思いっきりプレイに集中するのみです!この記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。ではまた!!

© 2017 Nintendo

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© みんな一緒に前進ブログ , 2020 All Rights Reserved.